事業再生コンサルティング -       社長の相談役・社外顧問として、経営の悩みを一緒に解決致します!   
パシフィック・キャピタル・リアリティ(株)  業務案内



猿渡登志一の略歴
資格:経済産業省認定(社)全日本能率連盟認定
   マスター・マネジメントコンサルタント
   国内ライセンスJ—MCMC19027 /国際ライセンス CMC15112      
   注)この資格は、プロの経営コンサルタントとして10年以上の実務実績と
   コンサル成果を認定されるものです。
略歴:昭和35年1月:福岡県大牟田市生まれ  
   昭和55年3月:国立有明工業高等専門学校 卒業
   昭和55年4月:株式会社 タイトー 入社
   昭和60年4月:有限会社テクノアート設立
          業務用TVゲームソフトをキプロスを起点に世界各国へ輸出入
   平成3年4月: 経営コンサルティング会社の株式会社富士経営入社
          企業再生コンサルタントとして年間数十社を指導
   平成16年9月:トータルプランナーを設立
          企業再生経営コンサルティングとして事業開始

パシフィック・キャピタル・リアリティ(株)の概要
社名:パシフィック・キャピタル・リアリティ 
代表:猿渡 登志一
電話: 092-725-2077  FAX    :  092-577-5520
本社:福岡市中央区薬院2丁目6−22−502

特徴:・略歴:平成3年より数十社の企業・医療機関の事業再生コンサルティング・
       M&Aを手掛ける。創立以来『30年経営』をコンセプトに、中小企
       業・医療機関等の事業コンサルティングを主に活動しております。
   ・コンサルティング方針:大手や銀行系のサラリーマンコンサルタントでは出
       来ない『社長の懐刀として、一緒に経営する』社外顧問の立場でコン
       サルティングを行います。365日24時間、社長のお悩みを一緒に
       代表の猿渡が直接コンサルティング致します。   
       昨今のサバイバル元年では、上下左右・社内外からの経営妨害も多発
       しておりますし、ライバルとの競争も激しさを増しております。私ど
       もは20年近い事業再生コンサルティングノウハウと会社経営の体験
       から、あらゆる問題に取り組みます。
   ・キャッシュリッチ:経営者のお悩みは究極は「お金と人」です。資金繰りに
       窮されていれば一緒に銀行団と交渉して、借換やリスケや融資等でお
       金の悩みを解決します。M&Aや設備投資・運転資金等にお金が必要
       であれば一緒に銀行と交渉して真水を調達します。そして資金繰りの
       お悩みから開放されて、経営改善に一緒に取り組みます。その結果、
       収益改善されて良好は決算書となり、銀行取引も更に改善され30年
       先も生き残れるような経営改革をして行きます。
   ・次世代経営者教育:15年で200名近い経営者・後継経営者を育成してい
       るキャリアの講師(代表の猿渡)により、次世代経営塾を開催し、
       後継者・幹部を育成します。そして中小企業には幹部による全社員経
       営体制を構築し、経営後継をさぽサポートして参ります。

経営顧問に関する費用:弊社は大手と違い、経営者である代表が直接コンサルティン
       グを行います。そして、あらゆる経営問題(経営改善・資金繰り・財
       務改善・労務・経営犯罪・訴訟等)に対して経営者と共に、または代
       行して解決をして参ります。倒産リスクに対する保険と考えられて長
       期顧問契約が殆どであります。『最小の費用で最大の効果を』と考え
       ておりますので、月次の顧問費用は社員様の給与一人分程度とさせて
       頂いております。
事業内容:① 企業経営コンサルティング           
     ② 財務改善コンサルティング 
        ③ 事業戦略立案及び導入コンサルティング     
     ④ マーケティング及び販売促進コンサルティング 
     ⑤ 次世代経営塾開催及び個別研修     
     ⑥ M&Aコンサルティング
        ⑦ 相続及び事業承継企画コンサルティング及びアレンジメント 

 
 
コンサルティング実績 

                       平成28年4月1日までの実績
■ 北部九州の歯科医院   
         投資失敗による債権者からの回収苦から再生依頼。   
         経営者保全の企画コンサルティング後、サービサーとの交渉により医院再 
        生。介護施設をM&Aコンサルティング中。

 ■ 福岡市内の複数店舗経営の歯科医院    
          診療報酬の改訂と勤務医の患者とのトラブルにより赤字、資金繰り逼迫。 
  リスケジューリング(債券カットなし)により資金繰り改善し、勤務医と
  社内技工士の解雇とリストラを実施。業績のV字回復。   
          現在、訪問歯科市場の開拓等のコンサルティング中。

■   福岡県南部の老舗歯科医院   
         相談された時は、毎月赤字で資金繰り破綻寸前。某金融機関2行から運転資 
    金を調達し、キャッシュリッチにして資金繰りの不安から解放。その後、患 
    者数のアップと客単価アップ(単位時間当たりの点数アップ)の改善を行  
      う。また、継続的な患者数獲得の為の戦略(3ヶ月毎の歯周病検診システム 
   など)で売上を安定。さまざまな医院経営改善により、3ヶ月で黒字化し 
   て、現在盛業中。 
 
■ 福岡市内トップクラスの菓子製造販売会社
   財務・戦略コンサルティング及び金融取引改善によりキャッシュリッチ企業
   に変身。最新設備の工場を償還期間25年・低利固定金利の新規資金調達及
   びアセットコンサルティングにて新築し、安全衛生の生産体制確立。
   現在、後継体制創りへ向けて経営コンサルティング中。 

■ 九州の老舗弁当会社
   競争激化による業績悪化を業務改善・エリア戦略コンサルティングにより収
   益改善。現在は商品のプレミアム戦略によるニッチトップを目指し増収中。 

■ 山口県の水産加工会社
   競争激化による企業業績悪化を在庫削減や生産管理システム改善により減収
   増益体制を確保後、業務改善コンサルティングにより増収増益へ経営体質を
   改善。現在も増収中。  

 ■ 南九州の有名結婚式場  
   経営破綻寸前の状況から財務コンサルティングと借換により再生。
   経営革新支援法認可後、式場の増席リニューアルで日本トップクラスの坪単
   価高売上企業へ変身。南九州の某市某地区を地域再生コンサルティングし閉
   鎖した大型施設を結婚式場等にリノベーションし本店の別館化とする。
   結婚式と週末クラブ営業を行い増収化。

■ 北部九州地区の十数店舗を有する地元スーパー
   近隣の大手スーパーと競合回避するための「コンビニスーパー」へ戦略転換
   コンサルティングにて収益改善。再生後、某スーパーグループへM&A。 

■   福岡市内の住宅メーカー
   不動産不況と住宅の競走激化で工事受注が減少。借入過多で資金繰り悪化の
   状況を、再生コンサルティング。生え抜き社員を代表にして新会社を設立
   し、元の会社は債務整理会社へ。元の会社の売掛債権を債権者から保全する
   ために、元の社員の退職金で債権譲渡しながら資金繰り。現在、小規模に縮
   小しつつ高収益の体質に変革し盛業中。 

■   九州の建築金網製造会社
   九州の某市内での公共工事等の受注減少と鋼材の高騰により収益悪化。
   このままなら営業継続困難な状況を再生コンサルティング。
   工場建設時の借入金が重荷であり、且つ、現在の受注量では自社工場での生
   産は非効率であったので工場を親会社に売却。自社は商社機能に特化し、親
   会社に生産を委託し、商社として存続。工場と営業権の売却代金で借入金の
   返済と社員の退職金捻出。現在、商社として盛業中。 

■ 中国地方の木材製造販売会社
   月初に訪問したが、月末に支払手形不渡り寸前の状況から再生コンサルティ
   ング。年間1億5千万円の赤字企業だったが、本業は2億円の赤字、副業の
   ビジネスホテルは5千万円の黒字。本業は粗利益で赤字であったので、本業
   は廃業しビジネスホテルだけを残す。会社分割とそれに伴う借入金の分割処
   理(ホテルは15年返済。本業は全額債務カット)を金融機関に了承させて
   再生完了。現在は年間5千万円の黒字企業に変身。社員は全員同業者に工場
   ごと移転。現在盛業中。 


 
■   その他、企業・病院の再生(和議・民事再生・特定調停含む)は過去30年間で数十社以上。破綻になったケースは一社もなく、現在も全社・全医院盛業中。
 
■   顧問先企業の後継経営者及び後継者のサポート幹部の経営者教育を目的とした【次世代経営塾】を運営し講師(トレーナー)を務める。                                                                                                             以上