事業再生コンサルティング -       社長の相談役・社外顧問として、経営の悩みを一緒に解決致します!   
RSS

最新記事

高裁の判決
高裁の第一審
高裁、第二審、第一回期日
高裁の事件番号決定
高等裁判所へ控訴

カテゴリー

JALの再生劇に疑義を呈す
JAL再上場に疑惑あり!?
JAL再上場の功罪
JAL式更生法の功罪
TEST
新しい道のり
新日本監査法人との裁判経
歴史的判決
責任追及の闘い
高等裁判所への控訴
検索エンジンの供給元:

マイブログ

国策で倒産し、国策で再上場

 国は日本各地に空港を創り、採算を度返ししてでもJALに就航させてきた。地方に空港を創る事で政財官は潤って来た。これがJALの赤字の主要因である。
 そして粉飾決算で赤字を隠蔽し、銀行から融資を受け、不正増資迄して株主から資金を集めて他人の金で経営してきた。金主である銀行や投資家を騙す為に粉飾決算を続けて来た。この為に万年赤字会社でありながら放漫経営が蔓延してきた。    
 一昨年、破綻前に資金繰りに窮した時であるが、自民党であれば、銀行団と共に旧株主を残して任意再生をしたであろう。  
 しかし、時は民主党が与党であった。民主党は政権を取るや否や自民党の政策をぶっ壊してきた。  JALは更生法で100%減資しなくとも再生は十分出来たのだが、与党になった民主党は企業再生支援機構を使ってJALを潰した。そして今度は決算を粉飾してまで再上場を諮って3500億円の出資金を倍返しの7000億円もの回収を目論んでいる。旧株主や国民を犠牲にしても何とも思わないのだろうかとハラワタが煮えくり返る思いは旧株主全員であろう。    
 今後、民主党が政権を追われ、自民党が政権を奪回すればJALへの方針が180度変わる可能性がある。民主党とは真逆の方向へ舵を切ると思われる。「何が何でも3年で再生大成功、9月再上場してボロ儲け」と言う民主党の方針を変更し、ANAや他の企業との公平感を保ちながら、じっくり本当の再生を図ると私は考える。当然9月の再上場迄には政権は変わらないので、民主党は誰が何と言おうと無理矢理再上場を果たすであろう。    当然我々JAL旧株主と家族友人知人は、次回の選挙で民主党に反対票を投じるであろう。特に一人区では民主党は惨敗するであろう。前の参議委員選挙の時も我々JAL株主は徹底的に民主党に反対票を投じた。その結果、小選挙区で民主党は惨敗したのである。

国策で倒産し、国策で再上場に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment