経営顧問コンサルティング - 社長様の社外顧問として経営の悩みをご一緒に解決致します  



 2020.8.14  日本経済新聞朝刊7面掲載によると感染者は激増しているが重症化数は感染者の増加ほどは増えていない。
 このことは重症化率は5.1%から1.0%まで減少かしていることから判断できる。

 なぜか?理由は下記の通りだと考える。

ウィルスは細胞内に入ると自己をコピーして増殖する。この時にコピーミスがある。
その組み合わせは4通り。

1、感染力弱化+強毒化
2、感染力強化+弱毒化
3、感染力増強+強毒化
4、感染力増強+弱毒化

この4通りを考察すると、1、2では感染が広がらない。3では宿主が動けなくなったり死ぬので感染は広がらない。
今の状況を考察すれば4だと考えられる。

 人体にも数多くのウィルスが存在しているが、全てのウィルスは弱毒化して宿主と共生している。そして人体の免疫力が落ちた時に悪さをする。帯状疱疹や風邪などである。

 新型コロナウィルスが感染力が増強され弱毒化したと考えられるので、国民に下記の事を提言したい。


1、人と対面で話すときは不織布マスクを、
お互いする。会話しない時や野外ではしない。
2、GSE(グレープフルーツシード)を入れた30mlボトルを常に携帯し、何かを触る毎に手をスプレー消毒し、会話する前後に口内のスプレーして口内を消毒する。
また、スプレーで霧吹きして鼻腔内もスプレーする。
3、ダイエットする
肺血栓ができる割合は肥満者は2倍であるし、肥満者はサイトカインストームになりやすいからである。
簡単なダイエット方は別に記載する。




本当に安全で効果のあるワクチンや抗ウィルス薬ができない限り、上記のことをやりながら普通に経済活動を回すしか世界を救う方法はない。

そして、何度でも言います。
 マスコミは感染者拡大だけを報道してコロナ恐怖を煽る「だけ」の報道はやめて頂きたい。
また、各都道府県知事も
 「都会から俺の県に来るな」との感染対策だけの対策はやめて頂きたい。

 ウィルスの感染力が強くなってきている現在では、ロックダウンをやっても感染拡大を止めることは不可能だからである。
日本もスエーデンを学んでほしい。

なぜなら、コロナ恐怖症から脱却しないと、
 コロナ禍による経済恐慌で日本の中小零細企業380万社のうち10%以上は倒産や廃業に追い込まれ、失業で自殺したりする人(令和1年度2万人)が倍増するのでコロナ禍での自殺者は2万人と予想され、
 コロナ以外でコロナの影響で死亡する超過死亡(新型コロナ対応の為に手術できなくて持病で死亡など)が急増し、令和1年の年間死亡者数137万人の10%前後(令和2年3、4月の超過死亡の全国平均)の14万人が死亡すると予想されるからである。