経営顧問コンサルティング - 社長様の社外顧問として経営の悩みをご一緒に解決致します  
                                                                        2020.2.26 T.Saruwatari
新型コロナウイルスを10秒で99.96%無力化する「紅茶」
 

 新型コロナCOVID-19の治療薬である「アビガン(フェビピラビン)」はインフルエンザの治療薬として政府が使用しようとしてます。新型コロナCOVID-19の調査分析を担っている厚労省の機関である「国立感染症研究所」が過去に行なった実験では、紅茶がインフルエンザウィルスウィルスをほぼ100%無力化する事が確認されております。
                                                エビデンス(科学的根拠書類)2を参照

 この実験の結果から、紅茶が口腔内のインフルエンザを10秒で99.96% 無力化できるなら(アビガンがインフルエンザの治療薬であることから)紅茶も新型コロナにも効果があると考えられます。
 毎日、紅茶のペットボトルなどを持ち歩き、人との接触前後に一口ずつ「紅茶」を飲めば自分の感染予防と人への感染拡大予防になりますから、是非習慣にしましょう。
 紅茶は市販のペットボトルでも良いですが、ティパックで抽出した紅茶をポケトルなどで持ち歩いた方がより効果的です。
またミルクティなどは効果が薄くなります。
     (以上までは、T.Saruwatari 論)


エビデンス 1 
国立感染症研究所  協力研究員・獣医師・医学博士 中山 幹男 氏 発表】    
①  インフルエンザの感染力を奪う
紅茶の抗インフルエンザ活性は、不発酵茶の緑茶に含まれるカテキン成分が、紅茶へと醗酵する過程で生まれた有効成分、テアフラビンによる。このテアフラビンは、インフルエンザウイルスがヒトの細胞に付着して感染する能力を99.96%奪う。

②  10秒でウイルスを殺す
常用濃度の紅茶はわずか10秒でサンプル中のインフルエンザウイルスの99.99%を無力化させた。これは塩素剤400ppm(おもちゃや調理器具など直接手で触れる部分に使う次亜塩素酸ナトリウム消毒液0.02%=200ppmの2倍)の効果に匹敵する。

③  新型インフルエンザにも効果
インフルエンザウイルスは、毎年変化しているので、昨年のインフルエンザには免疫があっても、今年のインフルエンザには効力がないということもあり得る。
紅茶ポリフェノールは生きたウイルスに吸着能力を発揮し、インフルエンザウイルスA型(トリ、ブタ、ウマ、ヒトを含む)、B型、昔のウイルス、今の「新型」問わず、すべてのインフルエンザウイルスに顕著な効果が認められる。




エビデンス 2 
国立予防衛生研究所(現在の国立感染症研究所)によるマウス実験