経営顧問コンサルティング

社長様の社外顧問として経営の悩みをご一緒に解決致します  

マイブログ

ブログ

地裁判決:航空機を購入した値引きの利益計上は合法

投稿日: 2014 5月 25、8:14 午後
JAL粉飾決算裁判で5月23日、東京地裁は『JALは航空機を購入する時の値引きを利益として一括計上していた。この値引きは商社手数料と考えることが出来るので、一括して利益計上する事は合法である』との被告の主張を全面的に認めた。

航空機を買うだけで利益が出る仕組みが合法であるとの判決である。

JALは、『赤字続きの決算を、航空機を買って値引きを利益計上し、赤字決算を黒字に粉飾して経営してきた。その結果、倒産したのである。そして銀行と株主の金で尻拭いをした』のである。

東京地方裁判所の判決が、正しいのであれば、企業の経営者は赤字の時は何でも購入して値引きを利益計上して黒字にすれば良い。バス会社がバスを買えば良い、製造業は機械を買えばい良い、こんな粉飾決算が合法と判決が出たのである。

カテゴリー: 歴史的判決

コメントを投稿する

Oops!

Oops, you forgot something.

Oops!

The words you entered did not match the given text. Please try again.

90 コメント