事業再生コンサルティング -       社長の相談役・社外顧問として、経営の悩みを一緒に解決致します!   
RSS

最新記事

高裁の判決
高裁の第一審
高裁、第二審、第一回期日
高裁の事件番号決定
高等裁判所へ控訴

カテゴリー

JALの再生劇に疑義を呈す
JAL再上場に疑惑あり!?
JAL再上場の功罪
JAL式更生法の功罪
TEST
新しい道のり
新日本監査法人との裁判経
歴史的判決
責任追及の闘い
高等裁判所への控訴
検索エンジンの供給元:

マイブログ

責任追及の闘い

全国放送された、株主の主張


2012,10,19  JAL再上場
この日、スーパーニュースで、私の主張が全国放送されました。URLは、
http://www.youtube.com/watch?v=NKchU9vD1b8

2010,1,19   JAL更生法申立
この日、報道特集で、株主を代表して私の主張が全国放送されました。

あれから、丁度、2年9ヶ月が経ちました。『猿渡もかなり窶れたか?』と言われますが、10kダイエットしただけです。

責任追及の闘い:フジTVスーパーニュース
















 フジテレビ9月19日18時スーパーニュースに私し猿渡が旧株主として出演した。テレビ局に語った事は、    
『株式投資は自己責任。株で損しても自分の失敗です。しかし、自己責任の前提として、会社の開示する情報が正しい事が絶対のルールです。投資家は会社が開示する決算などの資料を見て投資の判断をするのです。情報にウソを記載したら詐欺です。JALは粉飾決算で倒産したのです。その主犯はJAL役員です。しかし管財人は役員の責任は追求せず、株主責任として株主に責任をなすり付けて株式財産を略奪したのです。これも社会的道義的にも重大なる犯罪ではないでしょうか? この粉飾決算詐欺の責任を追求する事こそが、「本当の株主責任」だと私どもは考えます。私どもはその為に二つの戦いをしております』 そして、『19日は恨みの日。JALは銀行と株主だけをブッタ切って役員はそのまま、株主としてはとてもゆるせない。破綻前の決算に粉飾があったとして監査法人に損害相性訴訟で責任追及の闘いをしております』
と実際にテレビ報道されました。

責任追及の闘い:監査法人の損害賠償訴訟

 責任追及の闘い

JAL当時の監査法人新日本監査法人を相手に株式損害賠償訴訟を提訴。
東京地裁の初公判は11月2日。提訴原因は粉飾決算の有価証券虚偽記載である。
口頭弁論日時:
事件番号:平成2 4年(ワ)第24210号
口頭弁論期日:平成24年11月2日(金)午後1時30分
場所:東京地方裁判所 606号法廷(6階)

責任追及の闘い:管財人の懲戒処分請求

「責任追及の闘い」

 現在、管財人であった弁護士の瀬戸氏と片山氏を相手に、日本弁護士連合会に綱紀審査を申出て、懲戒処分を請求している。請求原因は利益相反行為と自己利益の為の恣意的な任務懈怠である。   
10月3日に開始が決定。
司法の公平なジャッジを期待する。