事業再生コンサルティング -       社長の相談役・社外顧問として、経営の悩みを一緒に解決致します!   
RSS

最新記事

高裁の判決
高裁の第一審
高裁、第二審、第一回期日
高裁の事件番号決定
高等裁判所へ控訴

カテゴリー

JALの再生劇に疑義を呈す
JAL再上場に疑惑あり!?
JAL再上場の功罪
JAL式更生法の功罪
TEST
新しい道のり
新日本監査法人との裁判経
歴史的判決
責任追及の闘い
高等裁判所への控訴
検索エンジンの供給元:

マイブログ

JAL再上場の功罪

【HACのJAL再度子会社化とエアドゥーの再生】

【北海道国際航空(エアドゥ)はANA支援】
 エアドゥは02年9月民事再生法申立て破綻。100%減資をしたが旧株主へも新株の第三者割り当てを実施。割当価格は1株5万円。その後再生を果たした06年9月の1株純資産は18万円。100%減資で保有株が紙くずになった旧株主も新株の増資に応じる事で無価値になった投資金額は再生後に4倍弱となって取り戻せている。この方式(今で言うライツイシューであるが)は、JAL更生法の時にも私どもは東京地裁に株主提案していた。JALの旧株主もこの方式であれば保有株の損失は全額取り戻せていたはずである。 
そしてエアドゥの再生にはANAが支援し、現在も好調である。
 
【北海道エアシステム(HAC)はJAL支援】 
創業当初からJALの一員だったが、HACが09年9月に経営破綻した時にJALは北海道に押し付ける形でHACを見捨てた。しかしその後HACは再生を果たす。そして再上場したJALは再び子会社化しようとしている。再上場で得た莫大な金(旧株主の金)で、サーブ3機しか保有していないHACの航空機を増やして収益を上げるのが目的か? それとも以前のJALみたいに子会社を使った錬金術の為か?  

JAL再上場の功罪

 先日、東証に調査依頼の情報を提供したが、消費税増税や原発再稼働を同じように誰が何を言おうと再上場をされるだろう。そこで、再上場の功罪を冷静に分析した。  管財人である企業再生支援機構は旧株主3300億円分の株(33万人×100円として)を無価値にした後に3500億円を出資し、3年弱で7000億円を回収するであろう。
     
 功績は: 
 税金3500億円が7000億円になって帰って来るので財務省に取っては財源確保になるし税金は倍に回収出来る。そして企業再生支援機構は更生期間3年で21億6000万円の報酬をJALから受取り、且つ再上場の利益3500億円を得り、そして企業再生支援機構の担当弁護士は膨大な報酬を受け取るだろうし、その後もJALの社外役員として主任して役員報酬を受け取り続ける。スポンサーの立場としては大成功と日経が絶賛しており、再上場して税金が倍になって国庫に入る事は国民全体に取っては素晴らしい事であろう。    

 罪は: 
 企業再生支援機構が出資金を倍にする為に、33万人の優良顧客である旧株主が財産を奪われた事と銀行が債権放棄された事である。しかし、更生法を申立てた事により合法的に債権放棄出来たので銀行の役員は自社株主からの損害賠償を免れた。債権放棄した金は預金者の金であるから銀行の役員個人に取っては痛くも痒くもない。結局、JALを信じて保有続けた株主顧客だけが財産を略奪されただけである。そしてJALは優良顧客であった株主顧客から怨みを買った。JALは高級ブランド航空会社として高級な優良顧客で経営すると言っているが、JALを愛して株主優待券で繰り返して搭乗し続けた優良な顧客は今迄に既に株主になっていたので、その優良株主顧客を失った今、新たに優良顧客を創る事は至難の技であろう。